メニュー

美術館でのスピン

 

この計画の最初の意図はジュネーブの文化芸術の提示をより豊かにすること、そして芸術世界に関して特別な一時を共有することです。芸術に関する様々な場所において、多少のヨロッパのほかの言語はするが、おもにフランス語や英語で案内ツアーが行われていることに関して多様性の欠場を埋める必要性があるように私は強く感じる。国際都市として、多方面にあける芸術支援に関して、日本語、フランス語や英語で案内ツアーを行うことをシステム化することを提案します。

美術史のバチュラー(BA) や日本文学のマスター(MA)、または美術館学の専門学マスター(MAS)を持っているので、個性的な観点からいろいろな美術的な場所と特別な展覧会を理解したいと思います。それから、いろいろなテーマや参加者の自分の経験について議論と交流を計りたいと思います。

今日美術館においてのみ、知覚できる美術作品と、なぜが文学や音楽作品を共鳴させることができないのか?なぜ先の作品における、この日の問題点についてなぜ疑問を持たないのか?美術館の展示所をいつも早く横切らず、思い出や考えやテキストとともに作品の前でなぜ深く考えないのか?

これは、温かく美術的な雰囲気の中で私たちが一緒にやて見ようとういう冒険である。